フリーランスのデスクダイアリーはこれで決まり!選び方のコツとおすすめのデスクダイアリーとは!?

フリーランスのデスクダイアリーはこれで決まり!選び方のコツとおすすめのデスクダイアリーとは!?

 

どうも、そろそろ2019年のデスクダイアリーを買おうと思っている、はこしろです。

フリーランスにデスクダイアリーは必須アイテム!

仕事の時間も遊びの時間も全て自分で管理するフリーランスだからこそ、スケジュール管理のアイテムにはこだわりたいところですね。

でも、秋冬になると文具屋さんの手帳コーナーにはスケジュール帳がぎっしり並んでいて…

どれが良いのかさっぱり分かりません!

そこで!

ここでは、本当に役に立つ卓上スケジュール帳を選ぶポイントをご紹介します!

 

デスクダイアリーは、時間まで書いてあると良い

時間区切りで書き込めるようになっているダイアリーは、スケジュール管理に向いています。

一日の流れが一目で分かるので、事前に計画を立てることもできるし、後から今日を振り返って一日の仕事量を記録することもできます。

フリーランスの一日は不規則であることが多いですよね。

何時に誰と会って、何時に納期があって、何時から何があって…

一日大忙しの日でも、時間軸のあるデスクダイアリーなら、余すことなくしっかり書き込めます

タイムマネジメントの一環にもなるね!

 

 

 

デスクダイアリーは余白が基本

たっぷり余白のあるものを選びます。仕事の情報や覚え書きをリストアップする際に余白が大活躍してくれるはずです。

間違っても「今日のひとことメモ」みたいないらない情報が書かれているデスクダイアリーは買わないように!

紙面は自分だけのものです。

自分のことをたっぷり書き込めるように、余白の有無をチェックします。

 

なめらかな紙面こそデスクダイアリーに相応しい

デスクダイアリーのページをめくって紙の厚みや手触りを確かめます。

思ったより薄かったり、つるつるしていたり、色々な発見があるでしょう。

私がおすすめしたいのは、紙が厚くでさらさらした感触の紙です。

ペン先が引っ掛かりにくくすらすら書けるので、書くときにストレスがかかりません。

逆に、下敷きの無い紙の束に鉛筆をどっしり構えて書きたい人は、すこしざらざらした感触の紙を選ぶと良いかもしれませんね。

自分にとって書き心地の良い紙を使ってるデスクダイアリーを選びます。

 

デスクダイアリーに必要なのは、ヘタレないカバー

デスクダイアリーは一年間ずっと同じものを使い続けるので、かなりのタフさが必要です。

使っている途中でページがめくれてきたり、表紙が折れてしまったりしては、折角のダイアリーも台無しですからね。

カバーがついていたり、ハードカバーになっているものを選ぶようにします。

 

おすすめのデスクダイアリー、「手帳は高橋」

…高橋の回し者ではありませんが、本当に気に入ってます

「手帳は高橋」

もっと言うと、この高橋の「見開き1週間パーティカル式|月間ブロック・土日均等タイプ」が好きです。マニアです。

お値段は¥1,930(税別)…まあまあ予算範囲内ではないでしょうか?

このデスクダイアリーのうたい文句はこんな感じ。

・書きやすい紙面

・厳選された材質

・耐久性のある丈夫な製本

・永久保存ができる中性紙を使用

良い。なかなか良い!

デスクダイアリーを探しているなら、一度は高橋のデスクダイアリーを見てみてはいかがでしょうか?

※本当にマジで回し者ではないんだけど、でもおすすめしたいくらい好きなんです。

 

あなたに相性バッチリのデスクダイアリーが見つかりますように!

コメント

  1. […] […]

  2. […] フリーランスにおすすめのデスクダイアリーはこれ! […]

タイトルとURLをコピーしました